極私的偏愛映画⑱ 『アンドリューNDR114』時にはお涙頂戴も悪くない

f:id:shin_tayo:20200508040450j:plain

 

つい先日、スピルバーグの『A.I』が好きかどうか、という話をした。

 

 

A.I. [Blu-ray]

A.I. [Blu-ray]

  • 発売日: 2010/12/22
  • メディア: Blu-ray
 

 

個人的には嫌いではないのだが、なにぶん当時でも『ニューウェーブ』的な視覚効果やガジェットに見慣れてしまったというのと、痺れるような映像美に関して言えば『ブレードランナー』『JM』で十分ではないか、という理由である。

 

JM スペシャル・エディション [Blu-ray]

JM スペシャル・エディション [Blu-ray]

  • 発売日: 2008/12/19
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

アンドリューNdr114(字幕版)

アンドリューNdr114(字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

代わりに”これが好き”と挙げたのが『アンドリューNDR114』だったのだが、

その時に口にするまで、自分がこの映画を好きだったということをすっかり忘れてしまっていた。

この映画を見たのは劇場で1回、TVの再放送で1回の計2回であるが、

お話がこれでもかと言うくらいわかりやすく、思い返して解説する際に、スラスラとあらすじを順を追って説明しやすく、「ヘえ〜、今度見てみようかな」と一定のウケも良かった。

 

それも悪く言えば、

鉄拳の”感動するパラパラ漫画レベルのコッテコテでいい感じに泣ける話”だからなのだが。

 

まぁ、本作で描いているのは”陰ながら誰かに尽くすことで得る人生の喜び”であるのだから、いかにも日本人好みの映画なのではなかろうか。

 

 

youtu.be

 

原作はアイザック・アシモフによる『200周年を迎えた男』だが、

今作は一般大衆向けと言うこともあり、人間とロボットの交流という要素がより強調されて、マイルドで観やすい仕上がりになっている。

 

メガホンを取ったのは我らがクリス・コロンバス

 

え?コロンバスをご存知ない?

 

勝手にググって、いかに自分が世話になったか、

感謝しながらおっ死(ち)ぬんだな。

 

(まぁ『ファンタスティック・フォー2』からの作品はヒドイのばかりだけど、、)

 

家政用ロボットが当たり前になった近未来、ある人ある一家に一体のロボットがやってくる。アンドリューと名付けられたロボットは、優しく理解ある家庭に迎え入れられ徐々に人間らしい感情を会得していく。

 

同時に、アンドリューの優れた木工技術を感心した主人は、アンドリューにいくつかの工作をさせてみせ、その報酬を自分の講座を作って貯金しなさいと促す。

 

やがて所有者である主人が他界したり、可愛かった娘っこ(アマンダ)がしっかりイケメンをゲッチュしたりなんだりあって、アンドリューは貯めたお金を持ち、家を離れることで「自分の人生」を模索することにする。

 

その第一歩として、眉毛を上下させる新機能を取り入れてみたり、怪しい闇メカニックの手を借りて、とりあえずロビン・ウィリアムズになってみたアンドリュー。

 

f:id:shin_tayo:20200519212006j:plain

グ〜〜〜ッッモ〜〜ニン、ベトナァ〜ム!!

 

 その後、人類の歴史を学ぶうちに『自由意思』とはなにかの答えを求めるようになるアンドリュー。

 

久しぶりに会った、娘っ子(アマンダ)はすっかり老齢となっていたが、その孫娘ポーシャと出会うことに。

f:id:shin_tayo:20200519232733j:plain

 

初めはロボットなのに、ロボットらしくない外見と、型破りな言動のアンドリューに対して不信感を募らせるポーシャだったが、やがて、人間とロボットと垣根を超えた愛を育むようになる。

だが当然のごとく、人間とロボットの結婚を世間は認めない。

 

医療発展が加速し、内部パーツまでも人工の臓器に置き換え「アンドリュー」が人間であることを訴えるも、法廷はその訴えを拒絶する。

生命体」と「非生命体」の溝は、アンドリューの予想以上に深かったのだ。

それでも自分の権利を受け入れてほしいアンドリューは、

 

あなたが人間たる証拠を見せなさい」という法廷からの問いに対して、

胸に静かに指を当てて、「ここです」と答える。

 

医療の発展によって、人間も延命処置が当たり前のようになり、

平均寿命も伸びたが、アマンダはそれに対して「自然の摂理に反する」と、自然のまま、寿命をまっとうすることを決意する。

 

アンドリューもまた、年齢に合わせて徐々に老人の外見に外装を取り替えながら、

機能に不具合が出ても、あえてそのままにすることで、ロボットに訪れるはずのない「衰え」を楽しんでいるようだった。

 

f:id:shin_tayo:20200520021924j:plain

更に月日を経て、アンドリューもポーシャも死の床に伏している状態で、

長年の判決をベッドで待つばかりとなっていた。

 

判事がアンドリューを「200年生きた、稀有な人間」と認めた瞬間、

アンドリューは満足を得て、自らの生命維持装置を停止しその活動を終える。

また、ポーシャは隣で眠るアンドリューの手を握りながら、同じくこの世を去るのであった。

 

 

以上が『アンドリューNDR114』のおおまかなあらすじなのですが、

 

作品自体は大衆向けといった感じで、笑いあり、涙ありといったバランス型の映画で、鑑賞後の余韻もあり、非常に観やすい仕上がりとなっています。

 

とはいえ、”人間”や”生命”といった定義をわかりやすく説いていたり、

それに対してのはっきりとしたアンサーは提示せずに、あくまでもアンドリューが様々な困難や挑戦を経て、人生を謳歌することに重きを置いて描いています。

 

『A.I』はやや暴力的であったり人間のエゴがむき出しになることで、相対的に”人間”とは何かという、問いに直結していたり、非生命体の少年型ロボの生涯を通して”自我”といった概念を暴き出そうといった試みでしたが、『アンドリューNDR114』は口当たりがひたすらにマイルドなため、教義的な模範のような印象を受けます。

 

ただ、どちらもその一生を描いているという点に置いては、徐々に外見や性格がアップグレードされていくアンドリューのほうが、絵面的にも変容があり、感情移入しやすいかもしれません。内容的にも、SF映画としてのアプローチが異なるだけで、

来たるべき未来に際し、我々はどうすべきか」という、SFの定義からはどちらも正しい形式にまとめ上げていることは確かです。

 

今作はロビン・ウィリアムズが主演ということで映画自体に清涼感が漂い、この作品自体をより親しみやすい雰囲気にしています。

どちらも恐ろしく純粋ですが、ロボットにあるはずのない「セックス」という観点について、片やひたすらにドライに徹する『A.I』に対し、ロボット自体が性行為に自ら関心を持ち実践してしまうというやや踏み込んだ表現も、半ば『釣りバカ日誌』的な下ネタ感覚でサラッと処理する辺りもグーです。

 

序盤のアンドリューのロボット姿の造形は、『メトロポリス』のマリアへのそこはかとない原点回帰的なオマージュを感じますし、

『グレムリン』など、多くの特撮映画の制作に関わってきたコロンバスの映画プロップへのこだわりが今作でも感じられGOOD。

 

f:id:shin_tayo:20200520035637j:plain

 

地上波で洋画を流す機会が減りつつある昨今ですが、少なくともこの映画をテレビで2度は観た記憶があるので、かなり印象深い一作でした。

 

分かっているのですが、やはり観るたびにウルウル来てしまうのは、

この映画で描かれているのはどこまで行っても「人間の善意」の部分であり、

そうしたものを否定せずにやっていこう、という前向きな姿勢がアンドリューというキャラクター性そのものに付与されているのだからだと思います。

 

こうした「良心」的な映画は時にハードさを売りにした映画や、難解さをウリにしたような映画の下に敷かれる風潮が強いですが、わかりやすくかつ、心の拠り所になるようなタッチの映画は、個人的には好きなので、より多くの人に観てもらいたいと思う次第であります。