感想『九ちゃん刀を抜いて』沢庵ソングが頭から離れない。

f:id:shin_tayo:20190114142634j:image

たまには、旧作を観たいと思っていたところに

神保町シアターにて開催中の【迎春特番  踊る時代劇】特集を発見。

 

こいつは縁起が良さそうだ、と思い、

坂本九主演作『九ちゃん刀を抜いて』をチョイス。1963年、東映岡本一平原作、城のぼる+吉川透脚色、マキノ雅弘監督作品。

 

続きを読む

感想『クリード2 炎の宿敵』 完全なるロッキー外伝。さすがに蛇足だったか?

f:id:shin_tayo:20190113042703j:image

『ロッキー ザ・ファイナル』はロッキー・バルボアという、スタローン自身の最高のイマジナリーフレンドにとっては、まさに有終の美を飾った作品と言って過言でない出来栄えだった。

 

続きを読む

感想『来る』 〜極彩色に彩られたカリカチュアなトンデる映画

 

久しぶりに会った元・同僚の友人からの強い勧めにより、年末の憑き物落としとしてはベストかなぁという理由もあり、

オープンしてからまだ足を運んでいなかったTOHOシネマズ日比谷にて鑑賞。

f:id:shin_tayo:20190103235538p:plain

意味深に上を見上げた構図。得体の知れない”何か”を見据えるようで良いポスターだと思うよ。
続きを読む

感想『ボヘミアン・ラプソディ』やっぱりこれは”心の旅だよ”

f:id:shin_tayo:20181225000218j:plain


既に世間的にもかなり評判もよく、身内のあいだでも”傑作”の呼び声の高い、

故・フレディ・マーキュリーと半生と伝説的バンド、”クイーン”の生い立ちを描いたボヘミアン・ラプソディ

例に漏れず、公開初日に観てはいたのですが、仕事にかまけて文章化する時間が取れなかったのですが、世間からの良し悪しの感想や、評論家からの批評もある程度で揃った感があったので、個人的な感想とこの映画の持つ”正しさ”について、

さらっと振り返ってみたいと思います。

 

続きを読む

感想『500ページの夢の束』自閉症持ちトレッキー少女の冒険。これぞ正統派”オタク”の物語ではないだろうか

f:id:shin_tayo:20180917230955j:plain

 

地味に前々から気になっていた一作。

主演があのダコタ・ファニングってことで、「大っきくなったねぇ~

という、田舎のジジイみたいな気分でいざ、新宿ピカデリーへ。

 

続きを読む
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定