極私的偏愛映画⑦『激突!』若干24歳のスピルバーグ 渾身の初期作!これを観ずしてスピを語れず

f:id:shin_tayo:20180805032735j:plain

はい、みなさんこんにちは、こんばんは。

今回は、お待ちかねの『激突!』ですね。

 

これ、映画じゃなくってね、本国ではテレビで流れたんですよ。

信じられませんね。信じられない完成度ですね。

 

激突!』いい題だね。 『激突!』いいなぁ、思て、飛びついて観たら、

どこかで見たことのあるような、見覚えのある名前が、あったんですね。

 

監督は皆さん、ご存知ですね。スチーブン・スピルバーグですね。

まー、器用な監督ですね。

 

この作品のあと、マネっこした映画が、いっぱい作られたんですよ。

それぐらいの力強さをもった、そういう映画なんですね。

 

 

さぁ、この映画、皆さんご覧になって、本当に、面白くて怖くて、怖くて面白くて、

ゾクゾクしますよ。

 

どうか、ゆっくりご覧なさい。あとでまた会いましょうね。

 

www.youtube.com

 

はい、みなさん、如何でしたか。

どこまでも追いかけてくるトラックの恐ろしさ。トラックの運手主の正体。

正体が最後まで分からないという、恐ろしいですね。怖いですね。

 

メロデーも素晴らしいですね。ハラハラしますね。

美しーい夕陽を背にした最後、主人公の姿。キレーな最後でした。

文字通り、綺麗なオチでした。

 

しかも、これが24歳の青年が作ったんですよ。凄いですね、素晴らしいですね。

嫉妬しちゃいますよね。憎らしいですね。

 

 

ところでね、淀川長治先生は、『未知との遭遇』以外のスピルバーグ作品評価はメッタメタだったらしいですよ。

 

それでは、さよなら、さよなら、さよなら。

 

www.youtube.com

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定